ワイヤレス給電で配線のないデジタル世界を
ワイヤレス給電で配線のないデジタル世界を|エイターリンク

ワイヤレス給電で
配線のないデジタル世界を

vision/mission

Vision/Mission

エイターリンクは、ワイヤレス給電技術によって、配線のない"デジタル世界"を実現するスタンフォード大学発のスタートアップ企業です。

医療ニーズに基づき、ペースメーカーをはじめとする、「メディカルインプラントデバイス」を開発してきました。そのデバイスを体外から体内深部20cmへワイヤレス給電で稼働させることが当社の基盤技術となっています。世界で初めて実用レベルでの完全ワイヤレス給電[AirPlug™︎]を実現しました。

事業内容

デジタル信号処理デバイスの
”脱配線”を目指します

Factory Automation

FA (Factory Automation)

可動部や油のかかる工程など、断線が発生する工程のセンサーや、配線が難しい箇所のセンサーを完全ワイヤレス、メンテナンスフリー化

ビルマネジメント

ビルマネジメント

温湿度センサー、照度センサー、CO2センサー、ドアセンサー、窓センサー、人感センサーなど各種センサーへのワイヤレス給電技術

メディカルインプラント

メディカルインプラント

薬での解決が難しい病気をインプラントデバイスで解決。迷走神経刺激や心臓のペースメーカー等のワイヤレス化

資金調達のお知らせ

2024.05.09

プレスリリース

長距離ワイヤレス給電(AirPlug™)技術の社会実装を実現するエイターリンク シリーズBラウンドにて総額20.6億円の資金調達を実施

この度のシリーズBラウンド資金調達では、既存投資家である慶應イノベーション・イニシアティブと伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、新規投資家であるジャフコ グループ、スパークス・アセット・マネジメントをファンド運営者とする未来創生3号ファンド、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、事業会社1社の計8社が引き受けました。

ニュース

  • すべて
  • PICK
  • プレスリリース
  • メディア
  • その他

PICKカテゴリの記事はありません

FAQ

AirPlug™︎とはどういう意味ですか?

AirPlug™︎とは、マイクロ波ワイヤレス給電を意味する用語であり、弊社取得の商標です。
「空気中にあたかもコンセントがあるかのように、給電が可能であること」を意味しています。

送信電力はどの程度の大きさですか?

当社の電力送信機は、2021年12月省令緩和予定の総務省認可に基づき、1Wの送信電力(EIRP36dBm)以下の電力を出力します。

受信電力はどの程度の大きさですか?

friisの伝達公式に基づき、計算することが可能です。

例えば、下記の条件の場合、
アンテナの受信電力は4.39 [mW]です。

送電距離:1m
周波数:920MHz
空中線電力:1W
送信アンテナ利得:6dBi
受信アンテナ利得:2.15dBi

ただし、こちらの結果は環境による反射やアンテナサイズが考慮されておりませんので、詳細は弊社までお問い合わせください。

受信アンテナの大きさはどの程度ですか?

様々な大きさに対応することが可能です。
例えば、米粒程度の大きさから、A4サイズ程度の大きさに対応することが可能です。

お問い合わせ

必須
必須
必須
必須
必須
必須
従業員数 必須
従業員数を選択してください
  • 10名以下
  • 11 ~ 100名
  • 101 ~ 1000名
  • 1001名以上
必須
必須
任意
必須

会社概要・ホワイトペーパーを
無料ダウンロード

30秒で入力完了!