ワイヤレス給電で配線のないデジタル世界を|エイターリンク

FA
(Factory Automation)

IoE(Internet Of Everything)社会の新たなファクトリーを顧客とともに”共創”する

IoE(Internet Of Everything)社会の
新たなファクトリーを顧客とともに
”共創”
する

ワイヤレス給電による
製造ラインの
"メンテナンスフリー"

FAを志向する製造業において、可動部センサーの高頻度な断線によるラインの停止で多額の機会損失が生じています。

例えば、自動車の製造工程であれば、1分間に300万円程度の価値を生み出すことが可能ですが、断線によるラインストップにより数億円の機会損が生じています。

また、配線依存のセンシングにより、配線のしにくい箇所へのセンサー設置が困難であることと、センサーレイアウトの柔軟な変更を阻害しています。

Aeterlink技術(AirPlug®)の特長

当社のワイヤレス給電システム”AirPlug®により、可動部の断線や配線のしにくい箇所のセンサー類をワイヤレス給電によりメンテナンスフリー化、高速データ通信による情報のリアルタイム取得が可能になります。

"物理的制約"を超えた新たなセンサーネットワークの創造をご一緒したいと考えています。

遠距離への高効率の給電

従来は50cm程度が限界であったワイヤレス給電技術を、10m以上先に数mWの給電を可能にしました。世界で初めて実用化可能なレベルでの長距離給電技術を提供しています。

角度依存性なし

全方位アンテナにより、動体・回転体など“動いているもの”への給電も可能です。

“可動部”のセンサーもターゲットとすることができます。

“環境適応型”アダプティブアンテナ

ペースメーカーなど、人体への埋め込み型医療機器へのワイヤレス給電技術の知見を土台とした、小型製品の提供が可能です。

製品によって異なる要件にあわせて、複数のアンテナ形状のラインナップを保有しています。

高速データ通信

5msecおきのデータ通信を低消費電力により実現しました。リアルタイム情報を取得することができます。

また、幅広い製品に応用できるよう電力受信機の専用ICチップ化をおこなっています。

導入事例紹介

NEDO

FAロボットセンサー用の中距離無線給電・データ伝送技術の開発を行い、2020年のNEP(NEDO Entrepreneurs Program )、2021年のSTS(Seed-stage Technology-based Startups.) に採択されました。

大手センサーメーカーA社 お客様の声

技術開発ご担当者様

FA業界では20年以上も前から課題と言われてきた工程内の断線問題を解決することが可能な技術

FA領域で使われるセンサー類の断線問題はずいぶん前から課題となっており、顧客や現場からも「なんとかワイヤレス給電化できないか?」と開発部門に毎年問い合わせがありました。

私もこれまで、バッテリーや太陽光を使ったソリューション、そのほかにも、他社ワイヤレス給電技術の活用検討を行ってきましたが、思うような成果を上げることができませんでした。FA領域で使用されるセンサーは非常に早いデータの応答性が求められるため、消費電力が大きく、バッテリーでは交換頻度が高くなりすぎますし、太陽光などによるエナジーハーベストでは電力量が足りませんでした。北米スタートアップとワイヤレス給電化も試みましたが、規制に準拠すると50cm程度のワイヤレス給電しか実現できなかったため、プロジェクト化はできませんでした。

私がエイターリンクさんとプロジェクトを開始したのは、給電距離が最大15mと飛びぬけて長いことでした。
また、FA領域で必要とされる要件をよく理解してくださり、ワイヤレス給電だけでなく、超省電力データ通信も可能となりました。当初はエイターリンク様にはワイヤレス給電の技術を期待していたのですが、超省電力の高速データ通信の技術も優れておりその点はサプライズでした。

おかげさまで予定よりも1年以上早く製品化ができる予定です。また、販売先の顧客選定などマーケティング力も大企業にはない力があり、プロジェクトをしていてとても刺激を受けております。

技術力・スピード力・事業戦略の構築力など総合的なレベルが非常に高く、これからも様々なプロジェクトをご一緒したいと考えています。

評価・開発キット

Aeterlinkでは、お客様自身での給電効率の評価、また自社製品の開発を実施いただける“評価・開発キット”のレンタル(有償)を行っております。

※”評価・開発キット”は数量が限られております。お問い合わせフォームよりご連絡いただいたうえで契約内容をご相談させていただいております。

お問い合わせ